JEWDA

 日本木製ドア工業会は、社会の「安全」「豊かな暮し」に貢献し、木製ドア事業の「発展・向上」に寄与するとともに、会員相互の親睦を図ることを目的としております。
日本木製ドア工業会の設立に当たり(株)ノナカウッドプロダクツ、ガデリウス(株)、阿部興業(株)の3社が中心になり(資)掘商店、エルエルアイ出版社他多方面の方々のご協力を得て設立致しました。木製ドア(ノナカ施工2)

 日本木製ドア工業会の設立の目的は「木製ドアの復活」であります。現代における日本の戸建て住宅の玄関ドアはアルミ製玄関ドアが大半、主流となり、木製玄関ドアの普及率はわずか2%弱とのデータが示されています。これに比べ、昭和53年(28年前)における戸建て住宅の木製玄関ドアの普及率は42% ありました。何故これほど木製玄関ドアの普及率が下がってしまったのか、木製玄関ドアメーカー及び取り扱い業者として猛省すると同時に、発起人であるドア メーカー及び取り扱い業者が中心となり、その原因を追求してきました。その中で木製玄関ドアの需要が本当になくなったのか?との声もありましたが、最近の 市場調査では、多くの人が「木の家に住みたい」、「木のぬくもりのある家に住みたい」との結果が出ており、未だ多くの人が「木」対する愛着を持っていることに気づきました。このことから木製玄関ドアの需要は2%どころでなく、この数十倍あると推測しています。同時に、木製玄関ドアの需要が全くないということであるとすれば普及率は既に0%になっていたことでしょう。

 従って、需要があるにもかかわらず普及率がわずか2%ということは、木製ドア業界の品質や性能面の技術革新、規格化の取組み、法規などへの取組みが足りなかったと言えます。また、これらの取組みは1社ではとても対応できるものではございません。木製ドア(ノナカ施工3)
 この反省を踏まえ、日本木製ドア工業会の設立は、木製ドアを製造するメーカーや個人、木製ドアを販売するメーカーや個人など、より多くの関係者の知恵と力を結集し、多く需要に応えられるよう「木製ドアの普及拡大」にチャレンジしていく決意であります。木製ドア業界全体の品質、性能、機能などの技術向上に努め、社会的責任を持って、より多くの皆様のお力添えを得ながら、市場からより多くの信頼、支持を得られるよう「木製ドアの普及拡大」を目指して参ります。今後は皆様のご協力、ご支援を心よりお願い申し上げます。

 日本木製ドア工業会  理事長 野中 晃



JWDAについてのご質問等は下記までお願いいたします。

【事務局】
〒103−0004
 東京都中央区東日本橋2−27−4靴下会館7階
03−3868−0738 Fax03−5809−3650
有限会社エルエルアイ出版事業部 内
E-Mail: info@jewda.jp
トップページ 理事長挨拶 事業目的  活動内容  組織図   会員名簿 リンク  トッピクス 
理事長挨拶